【WF-1000XM5使用レビュー】音質良し、ノイキャン強しで音楽・映画鑑賞に最適なワイヤレスイヤホン【SONY】

WF-1000XM5レビュー イヤホン
記事内に広告が含まれる場合があります。

音楽をより綺麗に、かつ迫力ある音を楽しむために欠かせないイヤホン。

普段使いのイヤホンとしては、やはりワイヤレスなものが良いですよね。

筆者はソニーより発売されている完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM5」を愛用していて、もう半年以上経っています。

テク
テク

発売日は2023年の9月1日でした。

WF-1000XM5の価格は定価で「41,800円」と、イヤホンとしてはかなり高い価格です。

しかし、筆者の感想としては「価格に見合うだけの音質や性能は備わっている」と思っています。

本記事では、

  • 数あるワイヤレスイヤホンの中からなぜ「WF-1000XM5」を選んだのか
  • 実際に半年以上使って、良かったところやいまいちなところ

を簡単に紹介していきます。

WF-1000XM5の購入を考えている方は、参考にしてみてくださいね。

テク
テク

筆者は音の専門家ではありませんので、そのあたりはご了承ください。

良かったところ

・文句なしの高音質
・ノイキャン性能も強い
・ソニー公式の専用アプリを使うことで、自分好みのイコライザー設定ができる
・充電ケースがコンパクトで、ポケットにすっぽり入る
・Type-Cでの充電に加え、ワイヤレス充電にも対応
・マルチポイント(複数デバイスに同時接続)対応

いまいちだったところ

目立ったデメリットは個人的にはない。強いて言うなら、イヤホン本体に光沢感があるところ

WF-1000XM5を選んだ理由

WF-1000XM5
高級ワイヤレスイヤホンでありながら、外箱は意外とシンプル。環境に配慮しているそう。

今や完全ワイヤレスイヤホンはさまざまな種類がありますが、その中からなぜ「WF-1000XM5」を選んだのかについて解説していきます。

WF-1000XM5を選んだ理由

・とにかく高音質のワイヤレスイヤホンが欲しかったから
・強力なノイズキャンセリング機能が備わったワイヤレスイヤホンが欲しかったから

テク
テク

それぞれひとつずつ解説しますね。

WF-1000XM5を選んだ理由1:とにかく高音質のワイヤレスイヤホンが欲しかったから

購入当時のポスト

筆者がイヤホンに求める最大の条件は、やはり「とにかく高音質であること」なんですね。

イヤホンは「音」を聴くためのガジェットなので、音質は妥協したくないのです。

テク
テク

音質の良さのためなら、多少高価なものでも迷わず買っちゃうのが筆者。

よく「迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段なら買うな」と言われますが、これは本当にその通りだと思います。

価格が安いものには、安いなりの理由があるんですよね。

イヤホンでいえば、コストカットのために音質を多少犠牲にしていたり、とか。

「安いから買ったけど、音質に満足できなくて結局高いイヤホンを買い直した」といったことにならないよう、価格が高めでも、ある程度の音質の良さが保証されているものを思い切って買うのがベストです。

テク
テク

実際、約4万円を出してWF-1000XM5を買って本当に良かったなと思っています!

もちろん、WF-1000XM5以外にも「高価で音質が良いとされるワイヤレスイヤホン」はいくつかありました。

が、「ソニー」というブランドに対しての信頼が個人的にあったため、他メーカーから販売されているものではなく、ソニーから発売されているWF-1000XM5に決めたという感じです。

テク
テク

このあたりはもう個人の好みですね。

購入当時はお財布へのダメージが結構大きかったですが、やはり妥協しないでWF-1000XM5を購入して良かったなと思っています。

WF-1000XM5を選んだ理由2:強力なノイズキャンセリング機能が備わったワイヤレスイヤホンが欲しかったから

筆者は以前「Beats Studio Buds」という、Beatsのノイキャンワイヤレスイヤホンを使っていましたが、ノイキャン性能がそこまで高くなかったのです。

Beats Studio Buds購入当時のポスト

Beats Studio Budsの価格は2万円前後のものだったので、やはりコストカットされていた部分はあるのだろうなと。

反面、WF-1000XM5の場合ノイキャン性能がかなり高かったのです!

テク
テク

さすがは「世界最強のノイキャン」を謳うだけの性能はあるな、と。

ノイキャン性能がどれくらい高いかと言うと、

  • 地下鉄の轟音を80%くらいカット(音楽再生していない時)
  • 地下鉄の轟音を90%くらいカット(賑やかな音楽を再生している時)

といった感じです。

世界最強のノイキャンとはいっても、さすがに全ての雑音が聞こえなくなるわけではありません。

が、普段使いのノイキャンイヤホンとしては十分すぎる強さだと思えます。

テク
テク

電車内での人の会話音とかもほぼ聞こえなくなるので、騒音が苦手な筆者にとっては本当にストレスフリーです。

WF-1000XM5を半年以上使って感じた、良かったところやいまいちなところ

WF-1000XM5

ここからは、WF-1000XM5を実際に使ってみての「良かったところ」や「いまいちだと感じたところ」を書いていきます。

良かったところ

・文句なしの高音質
・ノイキャン性能も強い
・ソニー公式の専用アプリを使うことで、自分好みのイコライザー設定ができる
・充電ケースがコンパクトで、ポケットにすっぽり入る
・Type-Cでの充電に加え、ワイヤレス充電にも対応
・マルチポイント(複数デバイスに同時接続)対応

いまいちだったところ

目立ったデメリットは個人的にはない。強いて言うなら、イヤホン本体に光沢感があるところ

テク
テク

それぞれ解説していきますね。

良かったところ1:文句なしの高音質

WF-1000XM5の音質は、言うまでもなく最高レベルに良いです。

筆者はよくアニソン系やモンハンのBGMを聴くことが多いのですが、WF-1000XM5はジャンルを問わず良い音を響かせてくれますね。

「ワイヤレスイヤホンは有線イヤホンに比べて音質が悪くなりやすい」とよく言われますが、ソニー独自開発のコーデック「LDAC」に対応しているおかげか、音質の悪さは全く感じられません。

テク
テク

筆者は普段、Pixel 7にてLDAC接続で音楽をよく聴いてます。

ただし、LDAC接続は遅延が目立つので、ゲーム用途での使用はおすすめできません。

なお、LDACは現状iPhoneには非対応のコーデックなので、iPhoneで使用する場合はコーデックが自動的に「AAC」となります。

良かったところ2:ノイキャン性能強い

これは「WF-1000XM5を選んだ理由2」でも書きましたが、ノイズキャンセリング機能が非常に強く音楽を聴くことに没頭できます。

また、周囲の雑音をかき消せるため、ブログ執筆など「何かの作業に集中したいとき」にもノイキャンの強さの恩恵が受けられます。

ただし、ノイキャン性能が強いゆえ、車通りの多い場所などでノイキャンONにするのは危険

そのため、外出時は状況に応じて「ノイキャンOFF」または「外音取り込みモード」に切り替えるのがおすすめです。

良かったところ3:ソニー公式の専用アプリを使うことで、自分好みの音質(イコライザー)設定ができる

WF-1000XM5は、ソニー公式の専用アプリ「Sony Headphones Connect」を使うことで、自分好みのイコライザー設定が可能です。

テク
テク

その他にも、さまざまな設定ができます。

イコライザーは何通りかのプリセットに加えて、「ファインド・ユア・イコライザー」なる機能を使えば、直感的に自分好みのイコライザー調整ができます。

ファインド・ユア・イコライザー
筆者お気に入りのイコライザー。ドンシャリな音が大好物です。
テク
テク

プリセットから選ぶのも良いですが、より自分好みの音にしたい場合は「ファインド・ユア・イコライザー」でいろいろいじってみましょう!

良かったところ4:充電ケースがコンパクト。ポケットにもすっぽり入る

手のひらにおさまるWF-1000XM5の充電ケース
手のひらサイズの充電ケース。

WF-1000XM5のケースは、ポケットにすっぽり入るくらいのコンパクトさ

そのため、持ち運びには全く困りません。

テク
テク

ケースの質感はマットな感じで、フタの中央に刻印されている「SONY」の文字がとてもカッコ良いです。

良かったところ5:Type-Cでの充電に加え、ワイヤレス充電にも対応

WF-1000XM5のケース背面にはType-C端子が。
Type-C端子の左側のボタンは、ペアリングのリセット時などに使用。

WF-1000XM5の充電ケースは、背面にUSB Type-Cの端子があります。

また、充電ケースの底面は充電コイルが内蔵されているため、Qi規格のワイヤレス充電にも対応!

テク
テク

Type-Cケーブルを使った有線接続に加え、ワイヤレス充電もできるのは地味に嬉しい。

筆者の場合、基本的にはワイヤレス充電でWF-1000XM5を充電しています。▼

WF-1000XM5をワイヤレス充電

置くだけで充電できるっていうのは本当にラクです(笑)

良かったところ6:マルチポイント接続(複数デバイスに同時接続)対応

WF-1000XM5は、マルチポイント接続に対応しています。

マルチポイント接続とは何かというと、同時に複数台のデバイスとBluetoothで接続できる機能です。

テク
テク

WF-1000XM5の場合、最大2台のデバイスと接続できます。

【参考サイト】
ソニー公式サイト「WF-1000XM5」

マルチポイント接続の何が良いのかというと、「使っているデバイスに対してシームレスにサウンド出力先を変えられる」ことです。

マルチポイント接続はこんなシーンで役立つ!

例えば、WF-1000XM5をPCとスマホにペアリング(接続)していたとします。

PC側で音楽を聴いている時、スマホ側で電話がかかってきたとき、電話に応答すると同時にサウンド出力先が自動的にスマホに変わります。

そのため、イヤホンを外さずともシームレスに電話応答ができるのです。

テク
テク

実際、筆者もこういうシーンに遭遇したことがあるので、マルチポイント接続は地味に重宝しています。

いまいちなところ:目立ったデメリット無し。強いて言えば、イヤホン本体に光沢感があること

ここまで「良いところ」を紹介してきました。

では、「いまいちだったところ(悪かったところ)」はあるのか?というと・・

筆者個人の意見としては、目立ったデメリットは見当たらないです(笑)

音質やノイキャン性能等、(音の)素人目線では文句のつけどころがありません。


強いてデメリットを言うとするならば、イヤホン本体に光沢感があるので、指紋がつきやすかったり、すべらせて落としてしまいそうになりがちなところです。

WF-1000XM5の前作「WF-1000XM4」はイヤホン全体がマットな質感だったため、指紋がつきにくかったり、すべらせて落とす心配もそこまで無かった模様。

しかし、WF-1000XM5は指が当たりやすい箇所がツルツルと光沢感ある仕上がりになっているため、指紋が目立ちやすく、また指が乾燥していると滑りがちなんですよね。

テク
テク

乾燥しやすい冬場などは、特に気をつけたほうが良いです。

まとめ

WF-1000XM5レビュー

まとめです。

今回はソニーの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000XM5」を実際に使ってみての感想や、なぜWF-1000XM5を選んだかについてを解説しました。

良かったところ

・文句なしの高音質
・ノイキャン性能も強い
・ソニー公式の専用アプリを使うことで、自分好みのイコライザー設定ができる
・充電ケースがコンパクトで、ポケットにすっぽり入る
・Type-Cでの充電に加え、ワイヤレス充電にも対応
・マルチポイント(複数デバイスに同時接続)対応

いまいちだったところ

目立ったデメリットは個人的にはない。強いて言うなら、イヤホン本体に光沢感があるところ

テク
テク

高価な完全ワイヤレスイヤホンですが、買って正解なものでした!

「イヤホンに4万近く出すのもなぁ・・」とまだ悩んでいるなら、

迷う理由が値段なら買え、買う理由が値段なら買うな」という名言を思い出してください。

一時的には大きな出費でも、妥協せずに買ったものは満足度は高くなると思います!

本記事が、WF-1000XM5の購入を考えている方の参考になれば幸いです。

それでは、また。

タイトルとURLをコピーしました