【VG259QRレビュー】フルHD環境なら最適なサイズのゲーミングモニター!気に入りすぎて2つ買っちゃいました。

ASUS VG259QRレビュー PC関連
記事内に広告が含まれる場合があります。

ゲームを快適にプレイするために欠かせない周辺機器のひとつ、ゲーミングモニター

ゲーミングモニターは普通のテレビとは異なり、ゲームをより本格的に楽しめる設計になっています。

ゲーミングモニターの解像度(画質)で主流なものと言えば、

  • 1920×1080(フルHD)
  • 2560×1440(WQHD)
  • 3840×2160(4K)

の3種類。

解像度が上がるにつれて、モニターの価格も上がっていくため、「モニターにあまりお金をかけたくない・・」という方はフルHD画質のものを選ぶのが無難です。

テク
テク

フルHDはWQHDや4Kと比較すると見劣りしますが、それでも十分に綺麗な画質です!

しかし、フルHDのゲーミングモニターと言っても、種類がとにかく多くて「どれを選べば良いのか分からない!」という方もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめしたいのが、ASUSより販売されているゲーミングモニター「VG259QR」です。

VG259QR約3万円台で購入できるゲーミングモニターで、

  • 解像度は1920×1080(フルHD)
  • Displayport接続時は最大165fps
  • HDMI接続時は最大120fps
  • サイズは24.5インチ
  • 液晶の種類はIPSパネル

といった特徴があります。

テク
テク

他にも様々な特徴がありますが、ゲームをプレイするにあたって重視したいところは上記の5つです。

筆者はVG259QRが大変気に入り、デュアルモニターで運用したいこともあって2つ購入しました(笑)

VG259QRをデュアルモニター運用
こんな感じで、いつもPC(ゲーム)を触っています。

本記事では、VG259QRの魅力をわかりやすく伝えていけたらと思います。

テク
テク

サクッと解説していくよ。

VG259QRはコスパの良いフルHDゲーミングモニター

VG259QR
VG259QR。モニターアームを付けています。

それではさっそく、VG259QRの魅力について解説していきます。

VG259QRの魅力

・フルHDなら最適な画面サイズと言われている24.5インチ
・Displayport接続で最大165fps出力が可能
・VESA規格に対応しているため、モニターアームが装着可能
・視野角が広いとされているIPSパネルが採用されている

テク
テク

それぞれひとつずつ見ていきましょう。

フルHDなら最適な画面サイズと言われている24.5インチ

Steam版MHW:IB
Steam版MHW:IB。写真越しでは分かりづらいですが、フルHDでも十分綺麗です。

一概にフルHD画質のゲーミングモニターといっても、23.8インチ27インチなど、画面サイズの大きさはさまざまです。

フルHD画質でゲームを楽しむのであれば、画面サイズは24インチ前後がおすすめとされています。

テク
テク

eスポーツの現場などでは、24インチ前後のモニターが採用されることが多いそうです。

筆者はVG259QRを購入するまでは、一世代前のゲーミングモニター(フルHDかつ27インチ)を使っていました。

フルHDで27インチだと、ドットの粗さがやや目立つんですよね・・。(若干引き伸ばされて見える)

それがVG259QRだと、24.5インチと画面サイズが若干小さくなることによって、フルHDのドットがちょうど等倍で表示されるようになります。

これによって、フルHDでも画質がとても綺麗に見えるのですね!

テク
テク

VG259QRのベゼル(液晶の外枠)はかなり薄いため、ゲーム画面への没入感が高いのも良いところ!

Displayport接続で最大165fps出力が可能

VG259QRの端子類
若干見にくくて申し訳ない。

VG259QRの映像出力端子は

  • Displayport(1.2)が1つ
  • HDMI(v1.4)が2つ

となっています。

VG259QRで165fps出力にするには、Displayport端子に接続する必要があります。

そのため、最大フレームレートが出しやすいゲーミングPCと接続する場合は、Displayportで接続しましょう。

テク
テク

接続後は、PC側でのディスプレイ設定もお忘れなきよう!

なお、HDMIに接続した場合は最大でも120fpsまでなので、SwitchやPS5を遊ぶ方はHDMI接続で問題ありません。

テク
テク

筆者は主にモンハンをプレイしていますが、ぬるんぬるんと動くプレイ映像は本当に綺麗ですよ・・!

VESA規格に対応しているため、モニターアームが装着可能

VG259QRの裏側
VG259QRの裏側。

VG259QRはVESA規格に対応しているため、モニターアームを取り付けられます。

テク
テク

VESA規格の対応サイズは100×100mm

デスクを広々と使いたい方などは、VG259QRに付属のスタンドではなく、エルゴトロンなど他社製のモニターアームを使うのがおすすめです。

【関連記事】画像のモニター上についてあるモノについて↓

これはすごい!モニター上にスケールフィギュアも飾れるディスプレイボード

視野角が広いとされているIPSパネルが採用されている

VG259QRの液晶は、視野角が広いとされているIPSパネルが採用されています。

テク
テク

画面を斜めから見たときも、色褪せにくいのが特徴です。

また発色が良いので、モンハンのようなグラフィックを重視したいゲームをプレイした際も、映像が美しく見えやすいです。

まとめ

ASUS VG259QRレビュー

まとめです。

今回はASUSより販売されているフルHDのゲーミングモニター「VG259QR」について解説しました。

テク
テク

VG259QRは据え置きゲームプレイヤーからゲーミングPCユーザーまで、幅広くおすすめできるゲーミングモニターです。

VG259QRの魅力

・フルHDなら最適な画面サイズと言われている24.5インチ
・Displayport接続で最大165fps出力が可能
・VESA規格に対応しているため、モニターアームが装着可能
・視野角が広いとされているIPSパネルが採用されている

VG259QRは目立ったデメリットは無いと個人的には思っていますが、強いて言えば内蔵スピーカーが貧弱なのが難点かもしれません。

とはいえ、サウンドについては他社製の外部スピーカーを購入すれば解決できますし、モニターに備わっているイヤホンジャック経由で音を聴くという手もあります。

テク
テク

モニター内臓のスピーカーは、基本的にはアテになりません。

本記事が、ゲーミングモニター選びに迷っている方の参考になれば幸いです。

ではまた、次回の記事で。

タイトルとURLをコピーしました