【K855使用レビュー】タイピング好きにはたまらない打鍵感!ただし打鍵音はうるさい【ワイヤレスキーボード】

SIGNATURE K855 PC関連
記事内に広告が含まれる場合があります。

楽器じゃないほうのキーボードは、PCを使うためには必須のアイテム

極論、キーボードは文字さえ入力できればなんでも良いのですが、打鍵感などにこだわりたい方も多いと思います。

テク
テク

筆者のようなタイピング好きは特に。

筆者は普段、ワイヤレスキーボード「SIGNATURE K855」を愛用していて、購入から約5ヶ月が経ちました。

K855の定価は13,970円と高めですが、品質には概ね満足しています!

本記事では、

  • 数あるキーボードの中からなぜなぜK855を選んだか
  • K855の実際の使用感

について、筆者の主観込みで紹介していきます。

テク
テク

K855の購入を考えている方の参考になればと。

なぜ「SIGNATURE K855」を選んだか

SIGNATURE K855の外箱
SIGNATURE K855の外箱。シンプルでカッコイイ。

「SIGNATURE K855」を選んだ理由は、主に下記の2つです。

K855を選んだ理由

・ワイヤレスかつテンキーレスのキーボードが欲しかったから
・WindowsでもMacでも使いやすいキーボードが欲しかったから

テク
テク

それぞれ解説していきますね。

K855を選んだ理由1:ワイヤレスかつテンキーレスのキーボードが欲しかったから

K855本体
K855本体

K855を選んだ理由その1は、「ワイヤレスかつテンキーレスのキーボードが欲しかったから」ですね。

キーボードやマウスが有線だと、デスク上の配線が乱雑になりがち

テク
テク

無線で接続できるものは、可能な限り無線接続をしたい人間です。

ワイヤレスキーボードの場合、文字通り「ワイヤレス」なので、デスク上の配線が目立つこともありません。

K855の接続方式
K855の接続方式は、BluetoothまたはUSBドングルを使った2.4GHz接続2通り
筆者はUSBドングル方式で接続して使っています。

また、テンキーレスにした理由は、普段は全くと言っていいほどテンキーを使わないからですね。

テンキーがないぶん、マウスとキーボードが当たって作業に支障をきたすことも無いので快適です!

K855を選んだ理由2:WindowsでもMacでも使いやすいキーボードが欲しかったから

下記記事でも書きましたが、筆者は元Macユーザーでした。

【関連記事】
「ゲームはゲーム機でやるもの!」と思っていた自分がゲーミングPCに移行した理由

今のゲーミングPCに買い替えるまではMacbook proをモニターに接続して使っていました。

そのため、

「将来的にはWindowsに乗り換える予定だけど、今のMacでも接続できてキー配置に戸惑いにくいワイヤレスキーボード」

を探していたのです。

こういう外付けのキーボードは、だいたいWindowsを前提に設計されていることが多いですよね。

しかしK855は、キーキャップがWindowsとMacの両方に対応しているのです!▼

K855のキーキャップはWindows/Macの両方に対応
K855のキーキャップはWindows/Macの両方に対応
テク
テク

「opt」とか「cmd」などは、Macユーザーならおなじみのキーだと思います。

WindowsとMacのキー配列に対応していることで、MacからWindowsに乗り換えてからもさほど違和感なくタイピングできました。

K855の実際の使用感

K855を斜めから見てみる

ここからは、K855を実際に使ってみての筆者なりの感想を書いていきます。

K855を使ってみての感想

・手に自然に馴染んでタイピングができる
・バッテリーの持ちが異常なほど良い
・打鍵音はかなり響く(唯一の難点)

テク
テク

それぞれ解説していきますね。

手に自然に馴染んでタイピングができる

K855のキーキャップは窪みがあり、指に自然に馴染む
キーキャップはやや窪みがあり、指が窪みに対して自然に馴染む

キーボードで重視したい点といえば、やはり「タイピング時にいかに気持ちよくなれるか」ということではないでしょうか(笑)

K855のキーキャップは、指に沿うような浅い窪みがあります。

そのため、ホームポジションに指を置いた時に「あ、指がキーにいい感じにハマったな」と感じられるのです。

テク
テク

これによって、タッチタイピング時のミスが減らせたりするんですよね。

PCのキーボードで最も重要なのは、やはりタイピング時の打ち心地の良さ!

K855はバッテリーの持ちが異常なほど良い

「K855」は内蔵バッテリーではなく「乾電池」を使用することで動作します。

多くのワイヤレスキーボードは、キーボード本体にリチウムイオンバッテリーを内蔵していることが多いのですが、K855はちょっとアナログな乾電池式です。

しかし、乾電池式のおかげなのか、電池残量が異常なほど長く持つのですよ。

テク
テク

ロジクール公式によると、K855駆動時間最長36ヶ月とのこと。凄まじいですよね(笑)

実際、購入してからほぼ毎日K855を使用していますが、電池残量が未だに100%のままだったりします。▼

logioption+の画面
ロジクール公式ソフト「Logioption+」のK855管理画面。

これだけ電池の持ちが良いと、リチウムイオンバッテリー式のデバイスのように、頻繁に充電する必要もありません。

唯一の難点:K855は打鍵音がうるさい(笑)

K855はキーストロークが深く「タイピングしている感」がよく味わえるのが良い反面、タイピング時の打鍵音がかなり響きます。

音自体はとっても気持ち良いんですけどねぇ。

筆者は一人部屋で過ごしているため、K855の打鍵音の大きさはさほど気にしていません。

が、静かな場所や他の家族がいるところK855をPCのキーボードとして使うのは、おすすめできないです。

テク
テク

軽い騒音問題になります(苦笑)

一応、「静音リング」なるものをK855のキーキャップの下に挟むことで、少しは打鍵音を軽減できるそうです。

が、キーキャップを外す手間だったり、追加で静音リングを購入しないといけなかったりで、結構な手間が発生します。

そのため、K855の打鍵音に関しては「こんなものだ」と割り切ってしまうほうが良いでしょう。

まとめ

SIGNATURE K855

まとめです。

今回は筆者愛用のワイヤレスキーボード「SIGNATURE K855」についての使用感を紹介しました。

K855を使ってみての感想

・手に自然に馴染んでタイピングができる
・バッテリーの持ちが異常なほど良い
・打鍵音はかなり響く(唯一の難点)

テク
テク

打鍵音のうるささを除けば、品質には概ね満足しています。

ちなみにですが、K855は本体裏面についている高さ調整のパーツを使うことで、縦置きできたりもします。▼

K855を縦置き
テク
テク

一時的にキーボードをよけて、デスクを広く使いたい時などに便利!

本記事が、K855の購入を考えている方の役に立てれば幸いです。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました